和声 バス課題 Lento molto espressivo (ハ短調)

  • dtm
再生にはFlash Playerが必要です。
こちらからインストールしてください。
残り -
0 / 20
階梯導入で変応もしなくてはならず、対唱もついていてストレッタ(追迫)もあるフーガみたいな課題でちょっと難しかったです。



(Texte: Kageyuki Ichikawa)
(Réalisation: Ryosuké Kikuchi)


Aaa

コメント(7)

投稿する
  • ベートーヴェン

    そうですね…、高校だと楽典が選択できるところはあっても和声までいってしまうと音大附属高校で少しさわるくらいですよね。
    ただ、洗足音大のオンラインスクールでは無料の和声システムが公開されていますね。
    和声を学ぶと音楽の見え方が違ってきます🎶

    13日前
  • にゃんこそば

    和声学、調べてみました!!高校の音楽とかでこういうの教えてくれるといいのになあ、、、
    沼にはまらないよう気を付けます👻👻

    14日前
  • ベートーヴェン

    合唱も経験があるのですね。もしかしたらにゃんこそばさんのセンスはそこでも磨かれたかもしれませんね。和声学も初歩のほうは簡単なので少しパラパラと見てみると面白いかもしれませんよ。(沼に引き摺り込む笑笑)

    17日前
  • にゃんこそば

    なるほど!!!その解説を聞いてから聞き直してみると、意外と自分に身近な音に聞こえてきました!!昔小さい合唱団に入っていたので、、、!
    だんだんと曲に厚みを出していく形式で作曲するみたいな感じですかね?わかりやすい解説ありがとうございます😭

    19日前
もっとみる
  • ベートーヴェン

    あと、難しい用語ばっかりですみません笑笑
    ・階梯導入というのは、全員揃ってはじまるのではなく各パートが順番に入っていくはじまり方です。
    ・対唱は、テーマといつもセット(組み合わせ)になっているサブテーマ的な感じです。

    22日前
  • ベートーヴェン

    コメントありがとうございます😊
    作曲科は入試でこういう課題をやらされます。
    ソプラノ(高い女声)・アルト(低い女声)・テノール高い男声)・バス(低い男声)の4声で
    この課題は予め与えられたバスの上に規則に従って上の3声をつくる課題です。

    22日前
  • にゃんこそば

    素人には意味がわからなすぎる……笑笑
    クラシックはまじで新鮮に聞けて楽しいです!

    23日前
閉じる
 

埋め込みコード

ブログなどへの埋め込みにご利用ください。