サービス利用規約

本サービスについて

melocy<メロシー>(以下、「本サービス」とします」は、株式会社ignoteと株式会社ウォンツ(以下、提供者とします)が提供する、音楽演奏コミュニケーションサービスです。
本サービスの利用者(以下、ユーザーとします)は、サービス利用規約(以下、本規約とします)の全に同意することを条件に、本サービスを利用できるものとします。

提供するサービスの内容

本サービスは、主に以下のような内容を提供します。

  • 演奏コンテンツの録音・アップロード
  • アップロードされたコンテンツに対する多重録音等の加工
  • アップロードされたコンテンツの聴取
  • ユーザー同士のコミュニケーション

ユーザーには、ゲストユーザーと登録ユーザーの二種類の区分を設けます。
ゲストユーザーは一切の登録を行わず、本サービスの制限された機能をを利用できます。
登録ユーザーは、別途定める登録手順に従いユーザー登録を行うことで、ゲストユーザーを超える範囲の機能を利用できます。

サービス利用に必要な機器等

本サービス利用には、パソコン向けブラウザソフトまたはスマートフォン端末、ならびにデータ通信設備・費用が必要です。
これらの機器等はユーザーの責任で準備・負担するものとします。

IDやパスワード等の管理

登録ユーザーに発行するパスワード等の管理については、ユーザーの責任とします。
これらが不正使用されたことにより生じた損害等について、提供者は一切の責任を負いません。

ユーザー登録

ユーザー登録後、一定期間一度もログインが無い場合、ユーザー登録情報を削除することがあります。

禁止事項

ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の行為(そのおそれがある行為を含む)を行なってはならないものとします。
これら禁止事項の違反が確認された場合、提供者はユーザーに対し、当該コンテンツの削除や本サービスの利用を停止することがあります。

  • 本サービスの趣旨を著しく逸脱する行為
  • IDやパスワード等を第三者に開示、貸与又は譲渡する行為
  • 許可なく、提供情報の一部又は全部を複製・送信・転載・配布・頒布等の方法により、第三者に提供する行為
  • 他人の名誉・社会的信用・プライバシー・著作権その他の知的財産権・その他の権利を害する行為
  • 有害なコンピュータプログラムを送信または書き込む行為
  • わいせつまたは社会通念上暴力的、残虐と判断されるような行為
  • 提供者の運営を妨害する行為、信用を毀損する行為
  • 提供者または第三者に対する暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為
  • 法令に違反する行為(違反するおそれのある行為を含む)
  • その他、提供者が不適切と判断する行為

プライバシーと個人情報について

プライバシーと個人情報は、提供者の別途定めるプライバシーポリシーに従い適切に扱います。

損害賠償と免責

ユーザーの規約違反により提供者に損害が生じた場合、ユーザーにはその損害を賠償する義務があります。
提供者の債務不履行責任は、提供者の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

知的所有権について

本サービスで公開するサービス内容・利用マニュアル・利用規約の著作権・その他知的所有権などの権利をすべて提供者が留保します。
ユーザーがアップロードするコンテンツに関する著作権は、すべてユーザーに帰属します。
提供者は、ユーザーがアップロードしたコンテンツを、本サービスの提供・利用促進・広告・宣伝等の目的で公に発表する権利をもちます。

コンテンツの加工について

本サービスは、ユーザーがアップロードしたコンテンツを、他ユーザーが加工する機能を有しています。
このため、コンテンツをアップロードするユーザーは、他ユーザーがコンテンツを加工等利用することを許諾するものとします。

加工により新たにアップロードされたコンテンツの著作権は、加工を行ったユーザーに帰属します。
加工前のコンテンツの著作権者は、加工後のコンテンツについて二次的著作物の原著作物の著作者の権利を保有します。
また、別のユーザーによる加工行為は、加工前のコンテンツの著作権その他一切の権利に何ら影響を及ぼしません。

退会

ユーザーは、いつでも当サービスの利用を終了し退会することができます。
この場合提供者は、本サービスにまつわるユーザーの個人情報等を速やかに破棄します。

サービスの終了

本サービスは、提供者の都合により予告なく終了することがあります。
この場合提供者は、本サービスにまつわる全ユーザーの個人情報等を速やかに破棄します。

規約の変更

提供者が必要と判断した場合には、ユーザーにあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。
ただし、ユーザーに大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。